[劇団沸騰100gへジャンプ]

またしても海外2010年05月01日 00時42分22秒

たらふくタンツー麺を食べた後、
さらに夜の街角でとうふプリンを食べる。
トッピング3種。
辛口の私には、「おいしくない!」
食べきれません。
豆腐プリン

帰り道、空港でCDを購入。ベスト3に入ってたので適当に。
北京語の唄は癒されるわぁ。
Web検索すると、このデュオ、結構人気ありますね
By2という人気デュオ 双子です


ホーム初勝利2010年05月02日 23時48分47秒

1点を先制され、いやなムードだったが
頼れる10番が逆転。
本当は休ませたかったが。
山雅、ホーム初勝利。
頼れる10番

一方、甲府はすごかった。
横浜FCに3点をリードされたが、審判の疑惑PKを2本もらい
ロスタイムに逆転、5連勝で3位へ浮上。
5日の、因縁の柏戦が前半の決戦ですね。

夏日2010年05月03日 23時53分43秒

暑かった。
ビールが最高だった。
本宮四へ接近

人が多すぎて、柱に近づけん。

御柱祭でオヤシロキャラ発見2010年05月04日 00時26分29秒

本宮本殿を出てすぐ左の的屋通りに入ったら、オヤシロキャラの饅頭発見
よくわからず、購入。

店員と会話。
「中身は?」
「中身より、みんな箱を欲しがるんですよねぇ。」
「よし、買った」

1000円なり。
パッケージ

中身を恐る恐る。
パターンで行くと、饅頭の中には針が入っている・・・・はずだが
大丈夫だ
おお。甘い。白アンがおいしい。
中身も凝っている

店の軒先に
たくさんの宣伝。
怪しい。
店の軒先

とにかく、御柱祭に新手登場。
行ってみなはれ。

稽古日誌2010年05月11日 22時46分01秒

GWも御柱も終了。
関君が脚本を改めてリリース。
次週、ちゃんと読むぞ!と誓い合って本日は終了(笑)

ところで、今日の話題は、地方子供ミュージカルってすでにビジネスになっており、講師代、レッスン代、振付代、果ては主役出演料まで巻き上げているという実態がどうやらあるらしい、という怖い話。
チケットノルマ  5万円。
レッスン料   7万円。
主役はさらに  7万円。(意味わからん)
そんなビジネスが成立するというのは、やりきった後それなりに感動し、それなりに満足する演劇というシステムの上っ面を上手に利用する頭のいいやつがいるんだろうな。脱税の温床の臭いがするな。

ためしに、Googleでこんなキーワードを入れてみた。
「子供 ミュージカル 公演 指導」
あるわ、あるわ。
たくさんあるわ。

芝居やるんだったら、動機はともかく
「そこに主体がありますか?」
自問自答が大切。
ハーフナー マイクの得点で勝利
 9日 甲府観戦。4位徳島を下して3位をキープ。ハーフナーの振り向きざまシュートが見事に決まる。
10日 ミキティ、入籍おめでとう! おしわせに~。

Bravo!2010年05月17日 23時34分16秒

久々に、北九州 Bravo! に行った。
一人でカウンターだったが、濃いキャラの客に恵まれ、
あっという間の2時間。

知恵の輪、北海道物産展、カレーパン、ジャガイモ
指輪はずし、ドラマー、ジャズ
マスターは彼女と別れた
こんな話をしながら、
ラフロイク、ベリーズ、ビール で 2400円 はお得。
Bravo!

美しい店員さんが、優しくもてなしてくれます。
マスター不在は残念でした。

稽古日誌2010年05月18日 23時15分55秒

ポンタが尿管結石で結石、いや欠席。
土曜日は相当痛かったようだ。
しかし、現在も石が出ておらず、座薬で鎮痛しているらしい。
がんばれポンタ。

で、今日はまじめに脚本読み。
久しぶりに稽古したって感じ(笑)。

今度の芝居はゾンビもの、です。
バタリアンとパヒュームが好きな男子の物語。

タールマン

時をかける少女2010年05月21日 01時32分25秒

今日しかない、と思い立って、
20:00からのレイトショーを見に行く。

大林宣彦による原田知世版の「続編」だ。

事前の勝手なイメージは、

「いきものがかりのサウンドに乗って
 2010年の感性で70年代をひたすら疾走する仲里依紗」

そのスピード感と小気味良いテンポを期待していたが、
70年代感性のまったくストレートな純愛映画だった。
観客は若い女性も多かったが、違和感を感じたのではないか。
おっさんにはこの手の「作劇上の気品」は受入れOKだけど。

さらに、展開が物足りないのは、前作を踏襲をしつつ物語を展開せねばならない辛さか。

仲 里依紗 は、一本調子だが許せる範囲。
風呂場のシーンでは、意外と着痩せするムチムチのサービスカットもありだったので、
ゼブラーマンも一応は観てみたい。
安田成美が驚くほどふけているのは設定か?

パンフに寄稿している大林の言のとおり、
原田知世版との「2本立て」で観ることを強くおすすめする。
時をかける 仲 里依紗

しょうゆ屋のごろちゃんが、勝村くんとはね。笑った。
しかも、狂言回しでは、前作のごろちゃんに想いのある人にとっては
少々、不満だな。

最後に、パンフは中身がないのに600円はいただけない。
いきものがかり、はグーです。

稽古日誌2010年05月25日 00時20分34秒

隣の音楽室で、劇団ShootingStarの皆さんが稽古していた。
楽器演奏と芝居・・・・だな。
帰りがけに挨拶。保育園周りを今は生業としているとのこと。
たまたま手元にあった、去年の公演のDVD(時空刑事ぽっぽ)を謹呈した。

さて、来週から立ち稽古の予定(笑)。
とりあえず、男1 たらこ 、男2 ぽんた
でスタート。
破 きました!

Amazon予約していたエバン、BD来ました!
したらば
05 06 07 08 09 16 17

[劇団沸騰100gへジャンプ]